薩摩半島南部の開聞岳をご神体とした薩摩国一之宮・枚聞(ひらきき)神社で御朱印を頂きました。

薩摩一之宮・枚聞神社の御朱印。

 

鹿児島の御朱印ボーイは、
薩摩半島の南部に鎮座する神社を、
御朱印巡りをしています。

 

訪れたのは、
薩摩富士と呼ばれる開聞岳を、
ご神体とした枚聞(ひらきき)神社です。

スポンサードリンク

 

枚聞神社の場所。

 

枚聞神社は、
鹿児島県指宿市の開聞十町です。
開聞岳の麓に鎮座します。

 

九州最大のカルデラ湖の池田湖や、
ソーメン流しで有名な唐船峡があり、
絶好のドライブコースです。

 

池田湖から県道28号線を、
開聞岳に向かって進むと、
左側に枚聞神社神社が見えてきます。

 

 

枚聞神社の大きな駐車場が見えます。

 

今回は2回目の御朱印です。

 

枚聞神社に参拝するのは、
今回で2回目なのです。

 

前回の参拝でも、
もちろん枚聞神社の御朱印を、
頂いてきました。

 

それは平成の御朱印でしたので、
今回は令和の元号が入った、
御朱印を頂こうとやってきました。

 

手水舎で身を清めます。

 

枚聞神社の境内は広くて、
朱色が鮮やかな鳥居があり、
横に手水舎(てみずしゃ)があります。

 

 

手水舎で身を清めます。

 

 

ここでまずは身を清めます。
この手水舎も朱色が鮮やかですので、
身が引きしまる感じがします。

 

神門から参道と、
枚聞神社の拝殿が見えます。
神聖な境内への入口の景色です。

 

 

枚聞神社の拝殿が遠くに見えます。

 

 

開聞岳が見えます。

 

枚聞神社の歴史は古く、
開聞岳(かいもんだけ)をご神体とする、
山岳信仰の神社だったようです。

 

山岳信仰といえば、
富士山をご神体とする、
富士山浅間神社が有名です。

 

薩摩富士の開聞岳の、
麓に鎮座する枚聞神社でも、
開聞岳を拝んでいました。

 

 

屋根の上に開聞岳が見えます。

 

 

枚聞神社の拝殿に参拝です。

 

まずは枚聞神社の拝殿にて、
参拝したいと思います。

 

朱色が鮮やかな拝殿です。
ここは拝むだけの拝殿です。
本殿は背後に別に建っています。

 

 

枚聞神社の拝殿にて参拝しました。

 

 

奥にある本殿の方にも、
回って参拝をしました。

 

 

こちらの本殿にも参拝しました。

 

 

主祭神は天照大神です。

 

枚聞神社の主祭神は、
天照大神
(あまてらすおおかみ)です。

 

あの天岩戸にお隠れになった、
太陽神の天照大神です。

 

太陽神の神様ですが、
枚聞神社では縁結びや、
金運にご利益があるようですよ。

 

 

ご祭神は天照大神になります。

 

 

薩摩一之宮とも呼ばれる。

 

枚聞神社は、
薩摩一之宮の神社として、
南薩摩の人々の信仰を集めました。

 

また藩主・島津家の庇護を受け、
社殿は島津重豪(しげひで)が、
天明7年に改築したものであります。

 

 

島津家の威光が感じられます。

 

 

そのためか、
社殿の装飾は、
豪華な造りになっています。

 

 

県の有形文化財に指定されています。

 

 

この鮮やかな社殿は、
鹿児島県の有形文化財に、
指定されています。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

枚聞神社の御朱印を頂きます。

 

 

拝殿で参拝を済ませたので、
いよいよ枚聞神社の御朱印を、
頂くことにします。

 

御朱印は、
拝殿前の社務所で頂けます。
ここに御朱印帳を預けました。

 

 

社務所に御朱印帳をあずけました。

 

 

社務所の前には、
絵馬をかける場所と、
休憩所がありました。

 

 

御朱印をしばし待ちます。

 

 

御朱印が出来るまで、
こちらで待ちます。

 

 

絵馬を見ながら待ちます。

 

 

枚聞神社の御朱印です。

 

しばらく待つと、
御朱印を頂くことができました。
御朱印代として300円を納めました。

 

枚聞神社の御朱印は、
シンプルでしたが、金運の、
ご利益がありそうな御朱印でした。

 

 

枚聞神社の令和御朱印頂きました。

 

 

平成から令和になった、
新しい御朱印を頂きました。

 

南薩の御朱印巡りを続けます。

 

薩摩一之宮の、
枚聞神社に参拝して、
御朱印を頂きました。

 

南薩摩の御朱印巡りで、
立ち寄りましたが、
次は釜蓋神社に参拝します。

 

 

枚聞神社の前には、
枕崎の南方神社に参拝しました。
ここでも御朱印を頂きました。

南方神社は並列鳥居と縁結びが有名、素敵な御朱印も。

 

なお御朱印めしは、
すぐ近くの唐船峡の、
ソーメン流しを食べました。

御朱印めしは唐船峡のソーメン流し

 

 

枚聞(ひらきき)神社
鹿児島県指宿市開聞十町1366
電話  0993−32−2007
駐車場 50台
JR指宿枕崎線「開聞駅」徒歩10分
指宿からは国道226号線交差点を右折

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

鹿児島市内の神社で頂きました。

鹿児島市内の神社の御朱印。

鹿児島市内のお寺で頂きました。

鹿児島市内のお寺の御朱印。

鹿児島県内の神社で頂きました。

鹿児島県内の神社の御朱印。

鹿児島県内のお寺で頂きました。

鹿児島県内のお寺の御朱印。

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方 観光ガイド情報

スポンサードリンク