最近、頂いた神社やお寺の御朱印一覧です。

最近、頂いた神社やお寺の御朱印一覧

 

 

日本一の大楠の蒲生八幡の御朱印

 

 

最近、頂いた

神社やお寺の御朱印を紹介しています。

 

鹿児島県内の寺社を再び訪れたり、

初めて訪れた寺社も紹介しています。

 

でも同じ寺社を訪れたとしても、

また新しい発見があります。

だから御朱印巡りって楽しいのですね。

 

 

最近、頂いた神社やお寺の御朱印一覧です。記事一覧

姶良市の御朱印巡りコースを紹介します。鹿児島の御朱印ボーイです。鹿児島県内で御朱印を頂く時に、お勧めの御朱印巡りコースを紹介しています。今日は鹿児島県の姶良市です。古くから島津氏が治めた場所でもあり、蒲生麓には武家屋敷群が残っています。そんな姶良市にある、二つのお寺と一つの神社で、素敵な御朱印を頂いてきました。

霧島岑神社の御朱印の前に行った所は鹿児島の御朱印ボーイです。今日は宮崎県の小林市の、霧島岑神社で御朱印巡りです。霧島岑神社の参拝前に、地元の老舗うどん屋の、豊味うどんに入りました。御朱印巡りの時に頂く食事を、御朱印めしと呼んでいます。参拝前に御朱印めしを紹介しますね。

鹿児島の御朱印ボーイです。鹿児島県は薩摩半島と大隅半島に、大きく分かれます。大隅半島の中心は鹿屋市です。その鹿屋市周辺にも、個性的な神社があるのですよ。そんな鹿屋市周辺の、5神社の御朱印を紹介します。ご朱印めしのお店も紹介しますね。

鹿児島の御朱印ボーイです。鹿児島県内を御朱印を求めて、神社やお寺を廻っています。そんな中でも霧島地区の、御朱印巡りはお勧めですよ。4ヵ所の御朱印巡りコースを紹介します。大自然があふれる霧島山にある、天孫降臨の神話の霧島神宮や、鹿児島神宮の御朱印も素敵ですよ。

鹿児島の御朱印ボーイです。2月22日の猫の日に、市内で開催の、ギャラリーで猫展を見てきました。可愛い猫の表情を見ていたら、今まで訪ねたことがある、猫にまつわる神社仏閣を思い出しました。時期も場所も違う4か所ですが、神社仏閣の様子と、頂いた御朱印を紹介しますね。

蒲生八幡神社で御朱印を頂いてきました。鹿児島県姶良市の、蒲生町(かもうちょう)に来ています。蒲生は藩政時代の麓の町です。蒲生麓(かもうふもと)は、薩摩武士が住んでいた町です。今でも武家屋敷の町並が残ります。その麓に鎮座するのが、日本一の大楠の蒲生八幡神社です。参拝して御朱印を頂いてきました。

天之御中主神社で御朱印を頂いてきました。鹿児島の御朱印ボーイです。地元鹿児島市に鎮座する神社から、令和3年の御朱印巡りの始まりです。伺った神社は、鹿児島市の天之御中主神社です。別名を妙見神社と申します。天之御中主(あめのみなか)神社、別名・妙見(みょうけん)神社に、参拝して御朱印を頂いてきました。

一之宮神社の御朱印を頂きました。鹿児島の御朱印ボーイです。令和3年の初詣と御朱印巡りで、鹿児島市の一之宮神社に来ています。一之宮神社は、住宅街にある神社ですが、鹿児島市で最古と云われています。初詣ではありますが、本当の目的はもちろん、御朱印を頂くことなのですが。

荒田八幡神社で御朱印を頂きました。鹿児島市の御朱印ボーイです。令和3年の御朱印巡りのスタートは、やっぱり近所の荒田八幡神社からです。実は荒田八幡神社では、毎年、昨年の古い破魔矢を、新しい今年の破魔矢に交換します。そのために必ず参拝するのですが、毎年、御朱印も頂いていますので、その年の初めの御朱印も頂きます。

磯天神(菅原神社)で御朱印を頂きました。鹿児島市の市街地から離れた磯海岸に、観光スポットの一つである、藩主・島津家の別邸・仙巌園があります。その仙巌園の前には、錦江湾が広がり遠くに桜島があり、足元には磯海水浴場があります。今日は磯浜で桜島を見て、近くの磯天神(菅原神社)に参拝して、磯天神の御朱印を頂いてきました。

鴨池日枝神社で初詣の御朱印です。鹿児島の御朱印ボーイです。令和3年も新しい年が始まりました。今年もご近所の神社で、初詣から新しい年を始めたいと思います。ご近所の神社の中で、必ず初詣に行って御朱印を頂くのが、鹿児島市内の鴨池日枝神社です。

神明神社の十日えびすの御朱印です。鹿児島の御朱印ボーイが、令和3年の早々にお邪魔したのは、鹿児島市宇宿町の神明神社です。神明(しんめい)神社は、別名を鹿児島えびす神社と言って、「えべっさん」をお祀りします。毎年の1月10日には、十日えびす祭りが行われ、えびす様の特別御朱印が頂けます。