鹿児島市内に鎮座する天之御中主神社で令和の御朱印を頂きました。

天之御中主神社の令和の御朱印。

 

鹿児島の御朱印ボーイが、
鹿児島市内の天之御中主神社で参拝です。

 

令和になって御朱印を頂きにきました。
ここはいつも団体の祈願者が多いのです。

スポンサードリンク

 

仁王像が立つ神社です。

 

鳥居の前には、
二対の仁王様が守っています。

 

 

鳥居の前で仁王様が守ります。

 

 

これは藩政時代の頃の、
神仏混合のなごりと思われます。

 

明治初期に起こった、
廃仏希釈の跡が残っていますが、
今でもけなげに立っています。

 

 

痛々しいですが健気に立っています。

 

鳥居と仁王様を
動画に撮ってみました。

 

 

別な名前があります。

 

天之御中主神社は、
あめのみなか)と読みますが、
実は別名もあります。

 

それは妙見みょうけん)神社です。
藩政時代にはこの名前で呼ばれ、
薩摩藩の庇護を受けました。

 

薩摩の藩主・島津家の崇敬も厚く、
妙見神社に参拝したそうです。

 

 

別名、妙見神社と呼ばれます。

 

 

庇護の訳はご利益です。

 

島津家の崇敬の理由は、
妙見神社のご利益にあるそうです。

 

藩政時代は、
城下から遠く離れていましたが、
島津家も庶民も参拝に訪れました。

 

 

妙見神社は昔からご利益あり。

 

 

そのご利益を求める人々は、
令和になった今でも多く、
特に団体での祈願には沢山訪れます。

 

天之御中主神社の境内には、
末社の神社もあり、特に、
商売繁盛にご利益があるそうです。

 

拝殿前の狛犬。

 

天之御中主神社の拝殿前には、
左右に二匹の狛犬がいます。

 

この狛犬も古そうです。
おそらく昔からいたのでしょうね。

 

 

この狛犬は昔からいたのでしょう。

 

 

美しい拝殿は、
新しく造り代えられましたので、
よけいにその古さが際立っています。

 

拝殿前の狛犬も、
動画に撮ってみました。

 

 

拝殿にて参拝しました。

 

天之御中主神社の、
拝殿にて参拝をしました。

 

 

天之御中主神社の拝殿で参拝です。

 

 

拝殿内では団体客が祈願中です。
高校生のクラブの勝利祈願で、
親子で祈願を受けていました。

 

宮司さんのみことのりの間は、
二礼二拍手の拍手の音も、
気を使ってつい小さくなってしまいます。

 

天之御中主神社の、
拝殿も動画に撮ってみました。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

授与所にて御朱印を頂きます。

 

参拝も済ませたので、
おまちかねの御朱印を頂きます。

 

 

授与所には先客がいました。

 

 

授与所に御朱印の案内があります、
御朱印代が500円と表示されています。
以前は300円だったのに。

 

 

御朱印代が500円になっていました。

 

 

令和になって、
御朱印代も値上がりしたようです。

 

 

御朱印を頂きました。

 

天之御中主神社の、
御朱印を頂きました。

 

 

天之御中主神社の御朱印です。

 

 

力強く、
天之御中主神社が書かれています。
何だかご利益がありそうです。

 

 

御朱印帳は御朱印込みで2000円です。

 

 

以前と変わっていたのは、
令和の時代になっていた事と、
御朱印代が高くなった事です。

 

社務所と御朱印も、
動画に撮ってみました。

 

 

天之御中主神社でした。

 

鹿児島の御朱印ボーイは、
地元鹿児島の天之御中主神社に、
参拝してきました。

 

本日も多くの参拝客です。
私も御朱印まで頂きましたので、
きっとご利益もあるでしょうね。

 

 

天之御中主(妙見)神社
鹿児島市宇宿6丁目7−1
電話  099−264‐0001
駐車場 有ります
JR指宿枕崎線「宇宿駅」徒歩10分
市電「脇田電停」徒歩10分

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

鹿児島市内の神社で頂きました。

鹿児島市内の神社の御朱印。

鹿児島市内のお寺で頂きました。

鹿児島市内のお寺の御朱印。

鹿児島県内の神社で頂きました。

鹿児島県内の神社の御朱印。

鹿児島県内のお寺で頂きました。

鹿児島県内のお寺の御朱印。

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方 観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

スポンサードリンク

メニュー