妙円寺詣りの徳重神社で御朱印を半紙に頂いた。

妙円寺詣りの徳重神社。

 

 

 

鹿児島にも祭りがたくさんあります。
その中の一つが
妙円寺詣り(みょうえんじまいり)

 

この妙円寺詣りは
日置市の徳重(とくしげ)神社
参拝する鹿児島の伝統行事です。

 

 

徳重神社の御朱印を頂にきました。

 

 

今回の御朱印ボーイ
徳重神社の御朱印をいただきたく
妙円寺詣りに参加したのです。

 



スポンサードリンク

 

御朱印集めのマナーにも例外。

 

寺社で大きな祭りが行われる時は
住職さん宮司さんも忙しいのです。
当たり前ですよね。

 

そこで御朱印集めのマナーとして
このような時には御朱印を
いただかないと書いたことがあります。

 

御朱印集めにはマナーがあります。

 

でも寺社によっては
事前に御朱印を
用意している所があるのです。

 

忙しい時に御朱印をお願いするのは
マナー違反かもしれません。

 

でも用意された御朱印をいただくのは
いいじゃないかと思いながら
御朱印帳を持って行ったのです。

 

 

徳重神社に参拝者が集まってきます。

 

 

妙円寺詣りとは歩いて参拝。

 

この徳重神社には
島津義弘(しまずよしひろ)公
祀られています。

 

島津義弘公は
関ヶ原の戦いで
敵中突破で有名な方です。

 

薩摩藩ではこの勇気をたたえ
義弘公の菩提寺である妙円寺
歩いて参っていたのです。

 

 

関ヶ原の武者姿の参拝者もいるのです。

 

 

これが妙円寺詣りです。
現在は妙円寺の跡地に建てられた
徳重神社に参ります。

 

徳重神社は参拝者がいっぱい。

 

徳重神社の境内は、
鹿児島市内や近隣の、
参拝者であふれていました。

 

 

参拝するのにも並ぶ程の人出です。

 

 

境内では弓道や、
相撲の試合などの
奉納行事が行われていました。

 

何と境内には
弓道場土俵があるのですよ。

 

 

>

弓道の奉納試合も行われます。。

 

 

御朱印をお願いしました。

 

あまりの人の多さに
神社の神職たちも
かなり忙しそうでした。

 

そのために「御朱印をお願いします」
と言うのが気が引けました。
でも思い切って頼んでみました

 

すると「はい、大丈夫ですよ」とのこと
やはりありました。
事前に準備された御朱印が。

 

これなら気兼ねなく
いただくことができます。

 

半紙に書かれた御朱印でしたが
300円を納めました。

 

お詣りしたからには御朱印です。

 

一般的に寺社の催事の日には
御朱印をいただかない方が良いと
御朱印のマナーで言いましたが。

 

このように御朱印が
準備されているところもありますので
聞いて見るのも良いかもしれませんね。

 

せっかく参拝したのだから
用意してある御朱印をいただかないと
もったいないですから。

 

 

神社は忙しいのに御朱印をいただきました。

 

 

御朱印帳にいただきたかった。

 

神社の御朱印はシンプルでしたが
妙円寺詣りが行われる徳重神社の
御朱印に満足しました。

 

 

半紙に書かれた徳重神社の御朱印。

 

 

本当は、御朱印帳
書いていただきたかったです。

 

次回は普段の
何もない時にお詣りして
御朱印帳にお願いしようと思いました。

 

今日の御朱印ボーイ
妙円寺詣りの徳重神社にて
半紙の御朱印をいただいてきました。

 

徳重神社
鹿児島県日置市伊集院町徳重1786
JR鹿児島本線伊集院駅から徒歩5分

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

徳重神社で行われる、
妙円寺詣りの様子を紹介します。

 

妙円寺詣りの武者行列です。

 

 

 

 

鹿児島市内の神社
御朱印です。

鹿児島市内の神社の御朱印。

鹿児島市内のお寺
御朱印です。

鹿児島市内のお寺の御朱印。

鹿児島県内の神社
御朱印です。

鹿児島県内の神社の御朱印。

鹿児島県内のお寺
御朱印です。

鹿児島県内のお寺の御朱印。

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島市内の寺社案内で
御朱印も紹介しています。

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方 観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

 

スポンサードリンク