松原神社の神社と御朱印です。

松原神社の神社と御朱印です。

 

 

 

御朱印ボーイが行ったのは
鹿児島市内に鎮座する
松原神社(まつばらじんじゃ)です。

 

松原神社は
鹿児島の繁華街である
天文館に近いです。

 

そのために
多くの参拝者が訪れます。

 

また、
変わった書体の
御朱印もいただいて来ました。

 



スポンサードリンク

 

やっと御朱印を頂けます。

 

松原神社は、
以前からお参りしたかった、
神社でした。

 

本日やっと参拝できます。
もちろん御朱印をいただくための、
御朱印帳も持っていきました。

 

 

松原神社の鳥居と拝殿です。

 

島津貴久公を祀っています。

 

松原神社は、
薩摩の島津家15代当主の、
島津貴久(たかひさ)を主祭神としています。

 

また、相殿(あいどの)に、
天照皇大神(アマテラスオオカミ)の他に、
多くの神様を祀っています。

 

 

島津家ゆかりの立派な造りの拝殿です。

 

 

ちなみにこの相殿とは、
主祭神に対して他の神様を、
合祀(ごうし)することを言います。

 

別名・歯の神様といわれます。

 

合祀された神様の中に、
平田純貞(ヒラタスミタダ)という方も、
祀られています。

 

この平田純貞は、
島津貴久の家臣でした。

 

島津貴久がお亡くなりになると、
自ら生きたまま棺おけに釘付けをして、
船出して殉死しようとします。

 

その時に三日三晩、
読経歯ぎしりの音が聞こえたそうです。
以来、歯の神様として祀られました。

 

 

ご由緒書きに歯の神様が書かれています。

 

 

今でも、歯の衛生週間には、
歯科医師会のお医者様方が、
抜歯を奉納して歯の供養をするそうです。

 

もともと南林寺というお寺があった。

 

松原神社が建つ以前は、
もともと大きなお寺がありました。

 

島津家の菩提寺である、
福昌寺(ふくしょうじ)の、
末寺・南林寺(なんりんじ)です。

 

南林寺は、
島津家の崇敬が厚い、
広大なお寺でした。

 

それが、
明治の廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)で、
廃寺になりました。

 

その後、
お寺の伽藍があった場所に、
松原神社が建てられたのです。

 

歴史を感じる物がたくさんあります。

 

また境内には、
様々な石碑もあり、
神社の奥深さを感じさせます。

 

 

南林寺の頃から伝わる龍の口。

 

 

手水場で水を出しているは、
神社が建つ以前から、
伝えられたものと聞きました。

 

隷書でかかれた御朱印。

 

神社の社務所は、
拝殿横にありました。
御朱印をいただくためにお伺いしました。

 

しばし、
時間をいただきますとのことで、
その間にお茶が出てきました。

 

 

お茶が出てきたのは初めてでした。

 

書いていただいた御朱印を見て、
びっくりしました。

 

今までに見たことのない、
書体で書かれていました。
隷書体(れいしょたい)というそうです。

 

松原神社の御朱印は隷書で書かれていました。

 

御朱印代はちょっぴり高かった。

 

この御朱印には、
500円を納めました。
ほとんどが300円なのですが。

 

しかし、お茶も頂いたし、
なによりもこの隷書で書かれた、
御朱印をいただけただからまあいいか。

 

今日の御朱印ボーイは、
松原神社にお参りして、
隷書の御朱印をいただいてきました。

 

松原神社(まつばらじんじゃ)
鹿児島市松原町3-35
電話 099-222-0343
市電「天文館通り」電停より徒歩7分

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

鹿児島市内の神社
御朱印です。

鹿児島市内の神社の御朱印。

鹿児島市内のお寺
御朱印です。

鹿児島市内のお寺の御朱印。

鹿児島県内の神社
御朱印です。

鹿児島県内の神社の御朱印。

鹿児島県内のお寺
御朱印です。

鹿児島県内のお寺の御朱印。

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島市内の寺社案内で
御朱印も紹介しています。

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方 観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

 

スポンサードリンク