香泉寺は高野山真言宗のお寺、梵字の御朱印を頂きました。

高野山真言宗・香泉寺の御朱印。

 

 

鹿児島の御朱印ボーイが、
宮崎市内の神社やお寺を巡って、
素敵な御朱印を頂いてます。

 

神社が続きましたので、
ここらでお寺を巡ることにします。
次にお邪魔したのは。

 

宮崎神宮から、
ほど近い江平(えひら)にあるお寺、
圓山高野山 香泉寺(こうせんじ)です。

 

 



スポンサードリンク

 

宮崎市街地の中。

 

圓山高野山は、
江平地区の丸山一丁目にあります。
山号の圓山は丸山にある高野山のことです。

 

ここは市街地にあり、
香泉寺の回りはマンションや、
商業ビルに囲まれた賑やかな場所です。

 

 

香泉寺は賑やかな場所にありました。

 

 

そんな喧噪の中に、
香泉寺の赤いノボリが迎えます。
山門から細長い参道を進みました。

 

 

山門から参道を進みます。

 

 

本堂に札所の看板。

 

香泉寺の本堂は、
昭和55年に建て替えられたとのことで、
コンクリートの立派な物でした。

 

その柱に掛けてあるのは、
九州八十八ヶ所霊場の、
第37番札所と書いた看板です。

 

 

香泉寺は第37番札所です。

 

 

弘法大師にゆかりのお寺なのです。
もちろん第37番札所なので、
参拝して御朱印も頂けます。

 

ちなみに札所とは、
お経やお札を納めて参拝しますので、
御朱印帳は納経帳と呼ばれます。

 

ご接待を受けました。

 

香泉寺の本堂入口は、
通常は閉まっていますので、
隣りの寺務所入り口からお邪魔しました。

 

お住職が、
応接室に案内されて、
お茶とお菓子の「ご接待」を受けました。

 

札所巡りをしていると、
門徒ではなく御朱印だけの、
私達にもご接待を頂くことがあります。

 

ここで様々なお話を、
聞けるのも札所巡りの楽しみかもしれませんね。

 

香泉寺の本堂です。

 

ご接待の後に本堂に通されました。
本堂内は広くて、
高野山の雰囲気が漂っていました。

 

密教の儀式である、
護摩焚き(ごまたき)の場所もあって、
私は、この神秘的な感じが好きなのです。

 

早速、御本尊の前にて参拝しました。
その後で納経帳(御朱印帳)を開いて、
ご住職に御朱印を頂きます。

 

 

香泉寺の本堂(許可を頂いて撮りました。)

 

 

おとなの寺子屋。

 

ご住職のお話では、
香泉寺では、普段のお勤めの他、
様々なお寺の活動をされています。

 

活動の中に「おとなの寺子屋」があります。
これは、お寺で仏道修養を体験するもの。

 

 

おとなの寺子屋が開かれます。

 

 

本堂でのお勤めの後で、
写経(しゃきょう・お経を書き写す)や、
密教の瞑想法を行います。

 

仏教やお寺を身近に感じ、
自身を見つめなおすことが、
目的なんだそうですよ。

 

他にもホームページや、
フェイスブックでも、
お寺の情報を発信しているそうです。
なかなか活動的なお寺ですよね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

香泉寺の御朱印。

 

そうこうしているうちに、
香泉寺の御朱印ができました。

 

期待していた梵字(ぼんじ)も、
御本尊の上に書いてあります。

 

 

香泉寺の御朱印を頂きました。

 

 

高野山真言宗の、
御朱印はこの梵字があるので、
私は大好きなのです。

 

今回は宮崎市内の香泉寺で、
素敵な高野山真言宗の、
御朱印を頂きました。

 

この後は、
二つの札所である長久寺で、
二つの御朱印を頂きました。

 

長久寺は二つの御朱印が頂ける。

 

 

圓山高野山 香泉寺(こうせんじ)
宮崎県宮崎市丸山1−110
電話 0985‐23‐2459
JR宮崎駅から徒歩15分
駐車場 有り

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

鹿児島市内の神社の御朱印です。

鹿児島市内の神社の御朱印。

鹿児島市内のお寺の御朱印です。

鹿児島市内のお寺の御朱印。

鹿児島県内の神社の御朱印です。

鹿児島県内の神社の御朱印。

鹿児島県内のお寺の御朱印です。

鹿児島県内のお寺の御朱印。

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方 観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

スポンサードリンク