御年神社、御祈願の合間に頂いた御朱印。

御年神社の御朱印です。

 

 

鹿児島の御朱印ボーイです。
今日は鹿児島を離れて、
宮崎県の都城市にやってきています。

 

 

御年(みとし)神社で御朱印めぐりです。

 

 

都城は、神社やお寺も多く、
御朱印巡りには、
期待ができる土地ですよ。

 

今日、訪れたのは、
都城市の郊外にある神社です。
御年(みとし)神社という所です。



スポンサードリンク

 

御年神社の前は畑が広がる。

 

御年神社は、都城市の郊外、
三股(みまた)町に鎮座します。
神社の前には畑が広がっています。

 

鳥居に奥に社殿が見えますが、
かなり歴史がありそうです。

 

また地元の信仰の中心として、
大事にされているようです。

 

 

御年神社の前には畑が広がります。

 

 

御年神社の由来。

 

御年神社の建立(こんりゅう)は、
応永4年(1397年)に、
当時の領主藤原氏によるそうです。

 

当時は、南北朝の争乱の時代。
この地でも争いが続いていました。

 

そこで領主の藤原氏が、
領地の安穏(あんのん)を祈願して、
建立したと伝えられています。

 

 

御年神社はけっこう古いですよ。

 

 

御年神社のご祭神。

 

御年神社のご祭神は、
大年之神になります。
年神は年を司る神様です。

 

毎年、決まった時に、
人里にやってくる神様です。
豊作や子孫繁栄を見守る神様です。

 

新年の前後は、
年神様を迎えるために、
御年神社も大いに賑わうのです。

 

 

年神様を祀る神社です。

 

 

拝殿では神事が行われていました。

 

御年神社の拝殿では、
地元の方でしょうか、御家族の方が、
ご祈願を受けていました。

 

 

拝殿では御祈願の最中でした。

 

 

祈願の邪魔にならないように、
静かに参拝をしました。

 

宮司さんが、
祝詞をあげている時には、
けっこう、気を遣うのですよ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

社務所にて御朱印を待ちました。

 

御年神社の社務所の横には、
待合所があります。
ここで自分の祈願を待つのです。

 

私も待ちましたよ。
私は、祈願ではなくて御朱印です。

 

宮司さんが祈願をしている間は、
御朱印を書く人がいないので、
終わるまでひらすら待つのです。

 

 

社務所前でひたすら御朱印をまちます。

 

 

御年神社の御朱印を頂きました。

 

この日は、大安だったのか、
ご祈願を受ける方が多かったです。

 

そんなご祈願が多いのにも、
関わらず、空いた時間を使って、
宮司さんに御朱印を書いて頂きました。

 

忙しい時は、御朱印は、
お断りする神社もあるのに、
ほんとに感謝しました。

 

御年神社の御朱印です。

 

これが御年神社の御朱印です。
力強い太い字で書かれています。
朱印も大きいです。

 

忙しい時に書いた頂いたので、
宮司さんへの申し訳なさと、
頂いた嬉しさがにじんだ御朱印です。

 

せっかくなので、
御年神社の拝殿の前にて、
御朱印の写真を撮りました。

 

 

御年神社の御朱印を頂きました。

 

 

心休まる神社でした。

 

御年神社は、
ご祈願が多いことからも、
地元に愛されていることが分かります。

 

祈願を受けた後は
きっと心が休まるのでしょうね。
私も同じように休まっていきました。

 

それは、わざわざ都城まで来て、
御朱印を断られなかったから、
かも知れませんね。

 

御年(みとし)神社
宮崎県北諸県郡三股町大字宮村3511-1
電話  0986-52-0934
駐車場 約40台
都城警察・イオン都城CSより
車で約10分です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

鹿児島市内の神社の御朱印です。

鹿児島市内の神社の御朱印。

鹿児島県内の神社の御朱印です。

鹿児島県内の神社の御朱印。

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の御朱印と歴史の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の御朱印と歴史の歩き方

 

 

スポンサードリンク