鹿児島県さつま川内市の福昌禅寺で九州三十六不動霊場の御朱印を頂きました。

玉龍山福昌禅寺の御朱印。

 

 

福昌禅寺で御朱印を頂いてきました。

 

 

鹿児島県の薩摩川内市の、
玉龍山福昌禅寺を訪ねました。
(ぎょくりゅうざんふくしょうぜんじ)

 

福昌禅寺は、
九州三十六不動霊場の札所なので、
霊場札所の御朱印を頂いてきました。

スポンサーリンク

 

仁王様がにらみをきかしていました。

 

お寺の入口には、
「阿(あ)」と「吽(うん)」の
二体の仁王像が立っています。

 

説明書きによりますと、
川内市内で、
一番大きな仁王様だそうです。

 

 

門前で仁王像がにらみをきかします。

 

 

お不動様がいらっしゃいました。

 

まずは、
お不動様にお参りしました。

 

この福昌禅寺は、
お不動様巡りの霊場でもあるのです。
九州三十六不動霊場第十七番札所です。

 

 

お不動様にもお参りしました。

 

 

霊場ということは、
札所巡りで頂ける、
御朱印があるのです。

 

そのため私には、
「札所」と「御朱印」とは、
同じ響きに聞こえるのです。

 

寺務所に御朱印を預けました。

 

札所の看板がある、
寺務所で、挨拶をしました。

 

御朱印を希望する旨を話すと、
先に御朱印帳を、
預かりますとのことでした。

 

 

寺務所には、札所の看板。

 

 

御朱印をいただくマナーとして、
御朱印は参拝を済ませた後にいただく、
と言いました。

 

ただ、お寺さんから言われた時は、
先方の都合もあるでしょうから、
そこは、ケースバイケースで良いのです。

 

福昌禅寺の本堂でお参り。

 

福昌禅寺の、
立派な本堂でお参りしました。

 

 

福昌禅寺の本堂です。

 

 

本堂内には、禅寺らしく、
座禅会の案内がありました。

 

 

禅寺ですので座禅会が行われます。

 

 

曹洞宗の特徴は、
この豪華な飾りがあります。

 

 

福昌禅寺は曹洞宗のお寺です。

 

 

福昌寺は島津家の菩提寺でした。

 

実は、薩摩には福昌寺という、
藩主の島津家の菩提寺がありました。

 

歴代の藩主の、
お墓もある大きなお寺でしたが、
明治の廃仏毀釈で廃寺になりました。

 

現在は福昌寺跡として、
お墓だけが残っています。

 

鹿児島市の福昌寺はこちらから

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

福昌禅寺の御朱印をいただく。

 

寺務所に戻ると、
御朱印が出来ていました。

 

御朱印には、
不動霊場の札所の印と、
御本尊の不動明王が書かれていました。

 

 

福昌禅寺の御朱印を頂きました。

 

 

札所の御朱印でした。

 

今まで、札所の御朱印は、
高野山真言宗の九州八十八ヶ所の、
御朱印を集めています。

 

現在、鹿児島県内にある、
札所だけを巡っています。

 

 

今後は、九州にある、
他の札所の御朱印を、
集めようと思っています。

 

不動霊場の御朱印を集めたい。

 

同じ様に九州三十六不動霊場の、
御朱印を集めようと思います。

 

これからも行くところが多く、
様々な御朱印が待っていると考えると、
ワクワクする御朱印ボーイなのでした。

 

御朱印集めるって、
ほんとに楽しいなあ
と思いながら帰途に着いたのでした。

 

玉龍山 福昌禅寺
鹿児島県薩摩川内市向田町1040
電話 0996-22-4363

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

スポンサーリンク

 

 

鹿児島市内の神社で頂きました。

鹿児島市内の神社の御朱印。

鹿児島市内のお寺で頂きました。

鹿児島市内のお寺の御朱印。

鹿児島県内の神社で頂きました。

鹿児島県内の神社の御朱印。

鹿児島県内のお寺で頂きました。

鹿児島県内のお寺の御朱印。

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方 観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

スポンサーリンク