初午祭の鹿児島神宮で御朱印を頂きました。

初午祭で有名な鹿児島神宮。

 

 

 

今日の御朱印ボーイが
行ったのは
鹿児島神宮(かごしまじんぐう)

 

鹿児島神宮は
鹿児島県霧島市の
隼人町に鎮座しています。

 

鹿児島神宮は、
初午祭で有名な神社です。
御朱印も頂いてきましたよ。

 



スポンサードリンク

 

鹿児島神宮は「大隅一之宮」

 

鹿児島神宮のご祭神は、
天津日高彦穂穂出見尊
(あまつひだかひこほほでみのみこと)
です。

 

神話に出てくる
山幸彦のことです。

 

その奥様の豊玉姫
お二人がご祭神です。

 

 

鹿児島神宮の本殿です。

 

 

神社の起源は、
神様の時代からと言われますので、
かなり歴史のある神社のようです。

 

その後、島津家の崇敬を受けました。
そのためか広い敷地と
大きな社殿を有しております。

 

また、「大隅一之宮」と呼ばれ、
神社の中心として大事にされました。

 

 

本殿の他、様々な社があります。

 

 

鹿児島神宮で有名なのは初午祭。

 

私は、鹿児島神宮といえば、
初午祭(はつうまさい)
思い出してしまいます。

 

初午祭は、
全国的に有名ですので
ご存知のかたもいるかも知れませんね。

 

初午祭は、
旧暦1月18日を過ぎた
最初の日曜日に行われます。

 

シャンシャン馬が踊ります。

 

この祭りには、
シャンシャン馬という
踊る馬が登場します。

 

シャンシャン馬は、
鈴かけ馬とも呼ばれ、
飾りをつけてをつけています。

 

 

木製のシャンシャン馬です。

 

 

この馬が太鼓や三味線に、
あわせて踊るというユニークなお祭りです。

 

毎年、20万人程
見物客がお見えになる
鹿児島を代表するお祭りなのですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

鹿児島神宮の社殿は豪華。

 

鹿児島神宮の本殿は、
島津重年公が
再建された立派なものです。

 

 

鹿児島神宮の本殿です。

 

 

本殿の天井には、
様々な絵が施されています。
島津家の威光が感じられます。

 

 

豪華な天井です。

 

 

また緑多い境内には、
ご神木もあり、
パワースポットにもなっています。

 

 

ご神木からは、パワーが頂けます。

 

 

神社オリジナルの御朱印帳。

 

本殿にて参拝をすませた後に、
社務所に立ち寄り、
御朱印をお願いしました。

 

同時に御朱印帳
購入(1500 円でした)して、
最初のページに御朱印を。

 

鹿児島神宮の御朱印帳は、
とても素敵なものです。
私のお気に入りです。

 

 

お気に入りの鹿児島神宮の御朱印帳です。

 

 

黒い表紙には、
大隅國一之宮 鹿児島神宮」の
金文字がなかなか渋い御朱印帳。

 

 

スポンサーリンク

 

 

鹿児島神宮の御朱印。

 

御朱印帳に負けず、
御朱印もいいですよ。

 

大隅國一之宮の丸い印と
鹿児島神宮の大きな角印があって、
格式の高さを感じさせる御朱印でした。

 

 

御朱印からもご利益が頂けそうです。

 

 

何だかご利益がありそうですね。
頂いた御朱印を初めて見るときに、
御朱印集めの喜びを感じてしまいます。

 

鹿児島空港から車で15分です。

 

鹿児島神宮は、
鹿児島空港から
車で15分の所にあります。

 

九州自動車道の
溝辺インターで降りて下さいね。

 

鹿児島市方面からですと、
東九州自動車道
隼人西インターからは車で5分です。

 

JRではJR隼人駅
降りると徒歩15分ですよ。

 

今日の御朱印ボーイは、
鹿児島神宮と渋い御朱印帳と
御朱印を紹介しました。

 

鹿児島神宮
鹿児島県霧島市隼人町2496
電話 0995-42-0020
駐車場 200台

 

 

 

 

 

 

鹿児島市内の神社
御朱印です。

鹿児島市内の神社の御朱印。

鹿児島市内のお寺
御朱印です。

鹿児島市内のお寺の御朱印。

鹿児島県内の神社
御朱印です。

鹿児島県内の神社の御朱印。

鹿児島県内のお寺
御朱印です。

鹿児島県内のお寺の御朱印。

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島市内の寺社案内で
御朱印も紹介しています。

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方 観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

スポンサードリンク