船魂神社の神社と御朱印です。

船魂神社の神社と御朱印です。

 

 

 

今日の御朱印ボーイが行ったのは
鹿児島市内に鎮座する
船魂神社(ふなたま じんじゃ)です。

 

もちろん御朱印
いただいてきました。

 

船魂って変わった名前ですよね。
船の神様かなと思ったあなた。
その通りです。

スポンサードリンク

 

甲突川を行き交う船の神様です。

 

船魂神社は、
鹿児島市内を流れる甲突川沿いの、
新屋敷という場所にあります。

 

現在は市街地の中にあるために、
境内は、いささか狭い神社です。

 

でも藩政時代は、
崇敬を集めた、
由緒ある神社なんですよ。

 

 

小さな鳥居の先に本殿があります。

 

 

江戸時代は賑わっていました。

 

社記(神社の概略)によりますと、
この一帯は、
古くは江戸藩政時代より、
官船を置く役所が置かれていました。

 

 

船魂神社一帯は藩の船が置かれていました。

 

 

役所を含む地域一は、
御船手(おふなて)と呼ばれ、
新屋敷の甲突川沿いから、
河口まで広がっていました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

船や海の生活守護の神様でした。

 

御船手には、役人・町民・
船鍛冶・船手(船の管理者)などの人々が、
多数、住んでいたそうです。

 

 

船や海運を守護する神様です。

 

 

貿易業・漁業・製塩業など、
海上交通の中継地として、
賑わった町であったそうです。

 

海の道先案内人がご祭神です。

 

その御船手の守護神が、
船魂廟といわれ、
官民の信仰を集めていました。

 

船魂神社の前身といわれています。
やがて船魂神社と改称されました。

 

古来より、海の道先案内の神とされる、
猿田彦命(サルタヒコノミコト)の、
民間信仰が篤かったといわれています。

 

そのために船魂神社でも猿田彦命は、
ご祭神の一人として交通航海などの、
守護神として崇敬をうけているのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

あの東郷平八郎も祈願しました。

 

特に事業面において、
新しい事を始めるときや
大事をなす場合によいとされています。

 

そのために、時の海軍大臣の、
東郷平八郎も参拝に訪れたそうです。
東郷平八郎の銅像

 

そして、日露戦争の際に、
お清めの塩を持参されたと言われています。
それは知らなかったですね。

 

船魂神社のご加護で、
ロシアのバルチック艦隊を、
破ることができたのですか。

 

すると日本を救ったのは、
この船魂神社であったとも言えますね。

 

 

東郷平八郎も日露戦争の時に祈願にきました。

 

 

御朱印は、非常にシンプル。

 

御朱印は非常にシンプルなものでした。
朱印の字がはっきりしていません。

 

古いものらしく、
印がすり減ったのでしょうか。

 

でもこれは、これで、
とっても味のある御朱印でした。

 

 

船魂神社の御朱印です。

 

今日の御朱印ボーイは、
鹿児島市の船魂神社に、
お参りに行ってきました。

 

船魂神社
鹿児島市新屋敷町5-15
電話 099-226-7457

 

 

 

 

 

鹿児島市内の神社
御朱印です。

鹿児島市内の神社の御朱印。

鹿児島市内のお寺
御朱印です。

鹿児島市内のお寺の御朱印。

鹿児島県内の神社
御朱印です。

鹿児島県内の神社の御朱印。

鹿児島県内のお寺
御朱印です。

鹿児島県内のお寺の御朱印。

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島市内の寺社案内で
御朱印も紹介しています。

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方 観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

スポンサードリンク