人吉の奥球磨に生善院(猫寺)を訪ねて御朱印を頂きました。

 

 

 

鹿児島の御朱印ボーイが、
熊本県人吉の周辺で、
御朱印巡りをしてきました。

 

鹿児島市から、
九州自動車道で1時間半で行ける、
寺社仏閣が沢山ある人吉地方

 

そのために、
人吉地方は様々なすばらしい、
御朱印の宝庫とも言えます。



スポンサードリンク

 

奥球磨まで足を伸ばしました。

 

人吉市内を流れる球磨川、
その球磨川沿いにも、
古くからの神社やお寺があります。

 

人吉市内から、
球磨川の上流へ向かうと、
奥球磨と呼ばれる場所に出ます。

 

奥球磨の水上村にある、
生善院(しょうぜんいん)の、
御朱印を頂こうとやってきました。

 

 

生善院の山門に到着です。

 

 

生善院は猫寺といわれます。

 

生善院にやってきたのは、
御朱印もですが、
別に理由があるのです。

 

それは、別名・猫寺(ねこてら)と、
呼ばれるからです。
地元では猫寺の方が分かりやすいです。

 

正式名は、
真言宗の智山派、
千光山 生善院といいます。

 

でも猫寺の方が、
興味を惹かれますよね。

 

 

生善院はねこ寺と呼ばれます。

 

 

狛犬ではなく狛猫でした。

 

生善院の山門には、
さすが猫寺ですね。
狛犬ならぬ、狛猫がいました。

 

山門の両脇にいました。
ということはこの猫は、
やはり阿吽(あうん)の狛猫でした。

 

 

阿吽の狛猫が寺を守ります。

 

 

先日、御朱印を頂いた、
霧島の和気(わけ)神社では、
狛犬の代わりにイノシシでしたが、
狛猫が迎える神社は初めてでした。

 

 

和気神社は狛イノシシです。

鹿児島の霧島にある和気神社。

 

 

 

本堂で参拝と御朱印。

 

生善院の本堂で参拝しました。
本堂の入口には、
やはり猫寺です。招き猫がお迎えです。

 

 

招き猫は猫寺ですから。

 

 

真言宗のお寺の雰囲気が漂います。
神妙な気持ちになり、
静かに参拝しました。

 

 

生善院の本堂で手を合わせます。

 

 

参拝の後で、
生善院の住職に、
御朱印をお願いしました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

御朱印ができるまでに。

 

御朱印を書いていただく間に、
生善院の本堂内を見学しました。
こんな猫の襖絵もありました。

 

 

ふすまにも猫の絵がありました。

 

 

猫びな祭りなるものもありました。
可愛い猫の写真を貼って、
猫の健康を祈るそうですよ。

 

 

猫ひな祭りが行われます。

 

 

猫のひな段もありました。
さすが猫寺です。
猫のお雛様って始めて見ました。

 

 

可愛い猫のお雛様です。

 

 

生善院の御朱印を頂きました。

 

可愛い猫のお雛様を見ていると、
ご住職が書かれた、
御朱印を頂きました。

 

生善院は、真言宗の、
九州八十八か所の霊場でもあります。
その98番目の札所になります。

 

霊場札所の朱印と、
真言宗の梵字が入った、
素晴らしい御朱印でした。

 

 

生善院の御朱印を頂きました。

 

 

観音堂は重要文化財。

 

本堂の横には、
生善院の観音堂があります。
漆黒の建物に赤の装飾が映えます。

 

この観音堂は、
国の重要文化財に指定されています。

 

 

観音堂は重要文化財です。

 

 

観音堂は、
装飾が施された豪華なものです。
供養のために造られました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

無実の罪で処刑されました。

 

藩主・相良氏により、
無実の罪で処刑された、
僧侶・盛誉(せいよ)と、
その母・玖月(くげつ)善女の霊を弔っています。

 

玖月善女は、息子の死を怨み、
相良氏を恨みながら、
愛猫とともに身を投げます。

 

その後、この猫が、
相良氏のもとに化けて出ます。

 

そのために、
相良氏は、猫と母の供養のために、
観音堂を建てたと伝えられます。

 

 

観音堂の説明があります。

 

 

猫寺のゆらい。

 

この化け猫の伝説により、
生善院は「猫寺」と呼ばれます。

 

でも現在の猫寺は、
猫とその飼い主の、
健康を祈るお寺となりました。

 

それがあの猫ひな祭りに、
なっているのでしょうね。

 

 

願い猫を撫でると願いが叶います。

 

 

初めての尼僧住職です。

 

生善院の現在住職は第30代で、
生善院初めての尼僧住職です。

 

それで、
あの可愛い猫のお雛様が、
飾ってあるのでしょうね。

 

 

尼僧住職が猫雛を飾りました。

 

 

猫ひなは
猫寺春の大祭が行われる、
3月末まで飾られますよ。

 

祭りが終わり、
猫のお雛様を片づける前でしたが、
ちょっとですが動画も撮りました。

 

 

生善院(ねこ寺)の猫のお雛様です。

 

 

猫寺はお勧めですよ。

 

猫好きな方は、
生善院(猫寺)はおすすめですよ。
期間中は猫ひなも見られます。

 

猫好きで御朱印好きでしたら、
たまらなく素敵なお寺でしょうね。

 

あなたも生善院(猫寺)に、
お参りに行ってみませんか。

 

千光山 生善院(猫寺)
熊本県球磨郡水上村大字岩野3542
電話 0966‐44‐0068
くまがわ鉄道湯前駅より車約5分
九州自動車人吉ICより車で約50分

 

 

 

 

 

 

鹿児島市内の神社
御朱印です。

鹿児島市内の神社の御朱印。

鹿児島市内のお寺
御朱印です。

鹿児島市内のお寺の御朱印。

鹿児島県内の神社
御朱印です。

鹿児島県内の神社の御朱印。

鹿児島県内のお寺
御朱印です。

鹿児島県内のお寺の御朱印。

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方 観光ガイド情報

スポンサードリンク