花園稲荷神社と五条天神社の御朱印。

花園稲荷神社と五条天神社。

 

 

 

鹿児島の
御朱印ボーイ
東京で御朱印めぐりです。

 

今日は
上野の界隈を
御朱印を求めて歩きます。

 

江戸の上野には
寛永寺という大きなお寺があり
敷地は上野全体を占めるほどでした。

 

そのために上野に
点在する寺院の多くは
この寛永寺の支院なのです。

 

そんなお寺の多い上野にも
神社がありました。
そこで御朱印を頂いてきました。



スポンサードリンク

 

となり同士に二つの神社。

 

その神社は、
花園稲荷神社と、
五条天神社の二つです。

 

場所は、
上野大仏のとなりです。
神社の案内がありました。

 

縁結びの花園稲荷神社と、
医薬の神様の五条天神社と、
書いてあります。

 

 

両神社の案内がありました。

 

 

花園稲荷神社の鳥居。

 

花園稲荷神社の、
稲荷坂側から入りました。

 

花園稲荷神社の、
鳥居の先に、
赤い色の鳥居が続きます。

 

 

花園稲荷神社の鳥居です。

 

 

稲荷神社の赤い鳥居。

 

上野界隈の御朱印巡りでは、
全てがお寺でしたので、
神社参りで一息という感じです。

 

しかも稲荷神社の、
赤い鳥居が続く参道をみると、
ワクワクしてきました。

 

 

赤い鳥居が下に降りていきます。

 

 

しかも森に囲まれた、
赤い鳥居は下に降りていきます。
何だかご利益がありそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

拝殿にて参拝しました。

 

参道を降りたところに、
花園稲荷神社があります。
神社を守るキツネさんもいました。

 

 

花園稲荷神社で参拝しました。

 

 

神社は古くから、
この場所に鎮座していたそうです。
上野の山の守り神だったのでしょうね。

 

上野の御朱印めぐりでは、
久しぶりに二礼二拍手で、
参拝しました。

 

すぐとなりが五条天神社。

 

花園稲荷神社のとなりが、
五条天神社です。

 

神社の御由緒によると、
神代の頃の薬の神様、
薬祖神を祀っています。

 

その後、
菅原道真公を、
合祀して五条天神社となりました。

 

 

五条天神社の拝殿です。

 

 

五条天神社の鳥居。

 

五条天神には、
稲荷神社から入りましたので、
裏口から入ったことになります。

 

 

正面の鳥居から入り直しました。

 

 

そのために改めて、
正面の鳥居から入り直しました。
こんなことにこだわるタイプなのです。

 

 

花園稲荷神社の南側入り口。

 

 

鳥居の横には、
花園稲荷神社の、
南側入り口もありました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

二つの御朱印を頂く。

 

五条天神社の社務所で、
御朱印をいただきました。

 

花園天神社の、
御朱印もこちらで頂けます。
ちゃんと案内のサンプルがありました。

 

御朱印のサンプルがありました。

 

 

御朱印がシンプルな訳。

 

神社がお隣同士ですので、
御朱印帳でも、
両隣りに書いていただきました。

 

両方ともとてもシンプルです。
朱印の上に神社名が、
書かれていません。

 

これは、神聖な朱印に、
墨字を重ならせないという、
神社のしきたりとのこと。

 

神社によっては、
こんなシンプルな御朱印もあります。
手抜きではないと知りました。

 

 

花園稲荷神社と五条天神社の御朱印。

 

 

さらに御朱印めぐりは続く。

 

上野の御朱印めぐりでは、
久しぶりに神社の御朱印を頂きました。

 

でも、神社と言えば、
もう一つ大きな神社、
上野東照宮がありました。

 

では、次は、
いよいよ最後の御朱印
上野東照宮を目指します。

 

花園稲荷神社
五条天神社

東京都台東区上野公園4-17
各線の「上野駅」で下車

 

 

 

 

 

 

他の上野界隈の
御朱印はこちらから。

東京上野界隈、寛永寺関係の御朱印。

鹿児島市内の神社
御朱印です。

鹿児島市内の神社の御朱印。

鹿児島市内のお寺
御朱印です。

鹿児島市内のお寺の御朱印。

鹿児島県内の神社
御朱印です。

鹿児島県内の神社の御朱印。

鹿児島県内のお寺
御朱印です。

鹿児島県内のお寺の御朱印。

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方 観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

 

スポンサードリンク