徳大寺はアメ横の上にありました。

徳大寺の御朱印。

 

 

 

鹿児島の御朱印ボーイが巡る
東京の神社とお寺の
御朱印の旅。

 

今日は
上野の界隈
お寺を回りました。

 

上野駅の近くにある
アメ横にやってきました。

 

実は
アメ横の中に
お寺があるのです。

 

その名前を
徳大寺(とくだいじ)と申します。

スポンサードリンク

 

アメ横の賑わい。

 

アメ横は、
アメヤ横丁と呼ばれる、
商店街の愛称です。

 

上野駅から、
御徒町(おかちまち)駅まで、
400軒ほどのお店が続いています。

 

よくテレビなどで、
年の瀬の風物詩として、
買物客の賑わいが紹介されますよね。

 

 

アメ横は上野駅の近くにあります。

 

 

商店街の上に徳大寺。

 

そのアメ横の中ほどに、
徳大寺があります。

 

ただし、
お店の上にあるために、
徳大寺に気がつかない方もいるかも。

 

私もまさか、
アメ横の商店街の上に、
お寺があるなんて知りませんでした。

 

一階が店舗で、
二階に境内がある造りのお寺は、
日本ではじめてらしいですよ。

 

 

徳大寺はお店の上にあります。

 

 

神社のような徳大寺。

 

徳大寺は、
二木の菓子」さんの、
横道を入っていくとあります。

 

入口に石灯ろうがあり、
ちゃんと石段があるのですよ。

 

 

石段を登ると徳大寺です。

 

 

石段の先には、
鮮やかな朱色の本堂があります。
本堂は神社のような造りに見えます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

御本尊は摩利支天。

 

徳大寺の御本尊は、
摩利支天(まりしてん)です。

 

摩利支天は、
威光陽炎(かげろう)の、
化身の神様といわれます。

 

商売繁盛や勝負に、
ご利益があるために、
商人や武士の信仰を集めました。

 

本堂は威光殿。

 

本殿の入口には、
威光殿(いこうでん)と書かれた、
扁額(へんがく)がかけてあります。

 

威光の神様である、
摩利支天像が、
本堂に納められています。

 

そのために、
この本堂のことを、
威光殿というのですね。

 

 

本堂は威光殿といいます。

 

 

本堂内で御朱印の受付。

 

本堂内のご本尊は、
残念ながら非公開でした。

 

 

徳大寺の本堂、許可をもらい撮影。

 

 

年に数度の、
大祭の日に、
開帳されるそうです。

 

 

ここで御朱印をいただきました。

 

 

本堂内の右側に、
寺務所(じむしょ)があります。
そこで御朱印を受付けています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

徳大寺の御朱印。

 

参拝を済ませて、
御朱印帳を預けました。

 

徳大寺の、
御朱印は丸いかたちの、
朱印でした。

 

御本尊の、
摩利支天の文字が、
きれいな御朱印です。

 

 

徳大寺、摩利支天の御朱印。

 

 

境内には様々な像が。

 

境内には、
日蓮上人
(にちれんしょうにん)の像。

 

その他に、
鬼子母神の像などあります。

 

アメ横の賑わいに比べて、
2階の境内には、
別世界の雰囲気がありました。

 

 

商店街の上は別世界でした。

 

 

次回は大祭に来よう。

 

鹿児島の御朱印ボーイには、
限られた時間での、
お寺巡りになりました。

 

なるべく、
多くの御朱印に合うために、
どうしても駆け足になります。

 

次回に参拝の機会があれば、
ぜひ大祭に合わして、
摩利支天様を拝みたいものです。

 

妙宣山 徳大寺
宗旨 日蓮宗
東京都台東区上野4-6-2
電話 03-3831-7926

 

JR御徒町駅より徒歩2分
JR上野駅より徒歩7分
銀座線上野広小路駅より徒歩2分

 

 

他の上野界隈の
御朱印はこちらから。

東京上野界隈、寛永寺関係の御朱印。

鹿児島市内の神社
御朱印です。

鹿児島市内の神社の御朱印。

鹿児島市内のお寺
御朱印です。

鹿児島市内のお寺の御朱印。

鹿児島県内の神社
御朱印です。

鹿児島県内の神社の御朱印。

鹿児島県内のお寺
御朱印です。

鹿児島県内のお寺の御朱印。

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方 観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

スポンサードリンク