御朱印巡りで分かった妙円寺詣りの謎。

妙円寺詣りの謎とは。

 

 

 

鹿児島には、
妙円寺詣りという行事があります。

 

薩摩藩の頃から、
続く伝統行事です。

 

薩摩の戦国武将である、
島津義弘公をしのび、
徳重神社に歩いて参拝します。

スポンサードリンク

 

徳重神社で御朱印を頂く。

 

先日、この徳重神社を、
参拝してみました。

 

 

徳重神社に参拝してきました。

 

 

妙円寺詣りが行われる、
徳重神社の様子を、
見ておきたかったのです。

 

もちろん、一番の理由は、
御朱印を頂くことでしたけど。

 

 

 

徳重神社の御朱印も頂きましたよ。

 

 

驚きの文字を発見したのです。

 

徳重神社の帰り道に、
妙円寺」と書いた、
小さな道案内を見かけました。

 

それを見て少し驚きました。

 

なぜかと言うと、
妙円寺はすでに廃寺になっていると、
思っていたからです。

 

 

妙円寺の案内を見つけました。

 

 

なんと妙円寺があったのです。

 

道を進むと、なんと、
実際に妙円寺があったのです。

 

 

無いと思っていた妙円寺がありました。

 

 

寺の由緒書きには、
島津義弘公の菩提寺で、
義弘公のご位牌も安置されています。

 

もちろん御朱印もありました。
しっかり頂きましたよ。

 

 

妙円寺の御朱印も頂きました。

 

 

妙円寺があるのに徳重神社にお参りする謎。

 

私は妙円寺詣りが、
徳重神社に参るのは、
すでに妙円寺が無いからだと、
今まで思っていました。

 

でも実際に妙円寺があるのに、
徳重神社に参るのは、
なんとも不思議な話ですよね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

廃仏毀釈があったのです。

 

これは、あの、
廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)が、
原因なのです。

 

明治初期に起こった、
廃仏毀釈で多くの寺が壊され
廃寺に追い込まれます。

 

妙円寺も焼かれて、
廃寺になりました。

 

義弘公の位牌を、
持ち出すのがやっとだったそうです。

 

 

各地に廃仏毀釈の傷跡があります。

 

 

跡地に徳重神社が建つ。

 

妙円寺の跡地に、
建てられたのが徳重神社です。

 

同じく島津義弘公を、
ご祭神として祀ります。

 

そして妙円寺詣りは、
引き続き徳重神社に、
お参りすることになりました。

 

その後、明治7年に妙円寺は、
再興されましたが、未だに、
徳重神社詣り」が続いています。

 

 

 

妙円寺詣りは徳重神社に参拝します。

 

 

 

妙円寺詣りは盛大な祭りになりました。

 

現在の妙円寺詣りは、
盛大に行われます。

 

相撲や弓の奉納試合があり、
郷土芸能や武者行列と、
盛り沢山になっています。

 

しかし多くの参拝者は、
妙円寺があることを知っているのでしょうか。

 

 

武者行列もあって賑やかです。

 

 

妙円寺にも参ってほしいですね。

 

妙円寺詣りに参加した後にでも、
義弘公の菩提寺にも、
ぜひ参ってほしいと思いました。

 

お祭りだけを楽しんで、
妙円寺に参らないのであれば、

 

本来の義弘公をしのぶ、
妙円寺詣りには、
ならないと思うのです。

 

 

本体の妙円寺にも参ってほしいです。

 

 

御朱印めぐりをしていると。

 

御朱印めぐりをしていると、
神社やお寺の歴史などに、
触れることがあります。

 

今回の妙円寺詣りの、
謎もその一つです。

 

御朱印を頂くことも楽しいのですが、
このような歴史を知る事もあります。

 

しばらくは御朱印巡りが、
辞められそうにないですよね。

 

スポンサードリンク