山宮神社は大楠と丸い御朱印。

山宮神社の丸い御朱印。

 

 

 

今日の御朱印ボーイは、
鹿児島県志布志市にある
山宮(やまみや)神社にやってきました。

 

ここには、
以前、参拝したことがあります。

 

その時は、境内にある
大楠を見たかったのです。

 

でも今日は、違いますよ。
当時は、持っていなかった
御朱印帳を持参しました。

スポンサードリンク

 

大隅の鎮守の神様。

 

山宮神社は、
志布志がある大隅一円の、
鎮守の神様として信仰されてきました。

 

畜産の盛んな土地がら、
農耕畜産の神様として、
近在の参拝者が訪れていました。

 

今でも、豊年を祈る、
春祭りやお田植え祭りなどに、
無形文化財の踊りが奉納されるのです。

 

 

山宮神の前には、大きな駐車場。

 

 

御手植えの大楠。

 

境内にある大楠は、
この日も、その大きな姿から、
あふれる樹木のパワーを降り注いでいます。

 

樹齢1300年の大楠は、
天智天皇の御手植えともいわれます。
見事な枝ぶりに圧倒されます。

 

蒲生神社の大楠が、
日本一といわれていますが、
山宮神社の大楠も負けてはいません。
日本一の大くす、蒲生(かもう)八幡神社。

 

この楠は、国の天然記念物に、
指定されているのです。

 

 

天然記念物の大楠です。

 

 

ご祭神は、天智天皇。

 

天智(てんち)天皇は、
晩年を志布志で過ごされた、
との伝説があります。

 

山宮神社も、
天智天皇をご祭神として、
お祀りしているのです。

 

創建は、
和銅二年(709年)といいますから、
歴史があるのですね。

 

 

拝殿に続く山門です。

 

 

藩政時代には、
島津氏などの庇護のもと、
多くの祭事や建物があり、
大隅随一の規模を誇ったそうです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

境内には天皇の影響。

 

山宮神社の社殿の前には、
仁王像ならぬ随身の像があります。
この像も阿吽(あうん)の二体です。

 

随身(ずいしん)とは、
要人を警護する役人のこと。

 

ここでは、
神社の神を守護するために、
安置されています。
そのために随神(ずいしん)ともいわれます。

 

 

神社を守る随身像です。

 

ここにあるものは、
江戸時代に作られた随身像で、
珍しい事に座った像なのです。

 

随身像に、
神様を守らせるなんて、
やはり天智天皇の影響なんですかね。

 

 

社務所前にも江戸時代の随身像。

 

 

さらに随神殿もあった。

 

また、社殿を守るように、
左右に二つの神殿があります。
これは、随神殿(ずいしんでん)といわれます。

 

 

随身殿の中には、木彫りの随身。

 

 

神殿の中には、
随身の姿をした神様が、
祀られています。

 

これも天皇の影響ですかね。
随身殿があるのも、
珍しいですよね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

御朱印を頂きました。

 

参拝を済ますと、
社務所に見えていた宮司さんに、
御朱印帳をあずけました。

 

しばらくすると、
御朱印ができました。
ここでも300円を収めました。

 

御朱印の朱印は二つありましたが、
特徴なのは朱印が、
丸いカタチであったことです。

 

 

丸い朱印の御朱印でした。

 

 

四角の御朱印が多いのが神社です。
でも、時々ですが、嬉しいことに、
丸いカタチの御朱印に出会います。

 

鹿児島市の鴨池日枝神社
御朱印も丸かったなあ。
鴨池日枝神社の御朱印。

 

数少ない神社の丸い御朱印は、
御朱印集めにとっては、
やった。という感じなのです。

 

 

御朱印集めって楽しい。

 

 

志布志の山宮神社。

 

御朱印ボーイが
わざわざ志布志まで来たかいが、
ありました。

 

今日は、大楠に触れて、
随身の像にも出会い、
なによりも丸い御朱印を頂けました。

 

やはり、
御朱印巡りの旅って、
楽しいのです。

 

山宮(やまみや)神社
鹿児島県志布志市志布志町安楽1520
電話 099-472-3437
駐車場 多数台

 

 

 

 

 

鹿児島市内の神社
御朱印です。

鹿児島市内の神社の御朱印。

鹿児島市内のお寺
御朱印です。

鹿児島市内のお寺の御朱印。

鹿児島県内の神社
御朱印です。

鹿児島県内の神社の御朱印。

鹿児島県内のお寺
御朱印です。

鹿児島県内のお寺の御朱印。

鹿児島のまち歩き
鹿児島市のまち案内と観光ガイドです。

鹿児島 まち歩き 街案内

鹿児島の歩き方
鹿児島県内の観光ガイド情報です。

鹿児島の歩き方 観光ガイド情報

かごしまの路面電車
鹿児島市の路面電車の情報です。

鹿児島市の路面電車 かごしま街案内

 

スポンサードリンク